猫とスキンシップを積極的にとる

猫とじょうずなスキンシップがとれていますか?

家族の一員でもある猫と一緒に生活するうえで、猫とのスキンシップはとても大切です。

けれど猫が喜ぶスキンシップって、意外と知りませんよね。

今回は猫が喜ぶスキンシップをお伝えします。


なでられポイントを知る

自由気ままに過ごすことが好きな猫は、本来は警戒心が強い動物です。

家猫になっても、なれるまでは心を開いてくれないことも。

そんなときは、時間をかけて信頼関係を築くことが大切です。

猫をむりやりつかんでなでたり、力づくで抱いたりしていると、猫との距離は離れるばかり。

まずは、なでられると気持ちよいポイントを知って、上手にスキンシップをしましょう。

なでられると、うれしいところと、イヤなところがある

猫が一般的になでられるとうれしい場所とそうでない場所を紹介。

猫によって個体差があるので、自分の猫のなでられポイントを探ります。

自分でなめられないところは、なでられるとうれしいところです。

うれしいところ
おでこ、耳のまわり、ホッペ、あごやノド、首のまわり

イヤなところ
背中、腰、シッポ、お尻、手足や肉球

今ならさわっていいネコのサイン

猫をなでるときは、猫の気分を見極めるのが大切。

猫が『かまってほしいにゃー』というタイミングを知り、猫に近づきます。

なれないうちは猫があいさつ代わりにする『クンクン』からはじめます。

指先を出して、クンクンかいだら第一歩は成功です。

クンクンしても猫がそばにいるようなら、やさしく声をかけながらなでてみましょう。

安心するなで方

1.リラックスして指先を使って、ソフトにあごの下やのど辺りをなでてあげます。

「おとなしいねー」、「いい子だねー」などの声をかけながら、なでなでするとおとなしくしています。

声かけはとても大事です。

2.膝の上に乗せてなでる場合は、体を安定させてあげます。

体が丸まるような姿勢で。

頭から背中へとやさしくなでます。

毛の流れに沿って、ゆっくりとなでると猫も安心して、リラックスできます。


ネコを抱っこしてみる

猫と暮らすなら、抱っこしてモフモフしたい!と思いますよね。

全てのネコが飼い主さんに抱っこされるのが好き、というわけではないのです。

私の猫もそうです。2匹は抱っこされるのを嫌がります。

抱っこは、猫にとっては体が地面から浮き、拘束されることと同じなのです。

警戒心が強い猫は、抱っこは嫌いなのです。

抱っこが嫌いな猫の場合は、ムリして抱っこしないことです。

ゆっくり時間をかけると抱っこが好きになることもあるので、猫のご機嫌をみながらちょうせんしてみましょう。

抱っこができなくても、なでることができるなら、十分に信頼関係があるしるしです。

抱っこが好きでも、どんな姿勢で抱かれるのが好きかは、猫によっていろいろです。

猫との最適な抱っこを見つけたいですね。

いろいろな抱っこ
仰向けだっこや向かい合いだっこなど、猫によって好きな抱っこの姿勢はさまざまです。

お尻をしっかり支えるのが安定しただき方のコツです。

やさしい抱っこの仕方

その1

まず飼い主が座ります。

次に、猫を膝の上に乗せます。

片方の手を猫の胸あたりに回し、体を支えます。

もう片方の手は、首から背中あたりに添えます。

抱き上げられるのが、苦手な猫は、この方法から慣れさせてあげます。

その2

抱き上げようとする場合は、片方の手を下から脇の下にいれて、もう片方の手はやさしくおしりを下から支えます。

猫の体が前に丸まることができれば良いです。

あとは、胸元あたりでやさしくキープする感じで、安定させてあげるといいですね。

ダメな抱っこ

よくやりがちな抱っこの仕方で、前足の脇の下を両手で持ち上げようとしてはいけません。

下半身が伸びて不安定になり、強烈に猫は嫌がります。

暴れて後ろ足の爪で、腕を傷つけられることもあるので、やらないほうがいいです。


抱かれるのを好まないネコもいる

ブラッシングは嫌いなのに抱かれるのは好き、という猫がいます。

逆に、ブラッシングは好きなのに抱かれるのは嫌い、という猫もいます。

いつも人にくっついて寝てるのに、人のひざには乗らないし、

抱くと逃げてしまう猫もいます。

人間に性格があるように、猫にも性格があります。

猫の性格を尊重して、それなりのつきあい方を考えた方がいいです。

抱っこだけがスキンシップではない

抱かれるのが嫌いな猫は、人になれていないために怖いか、

または「自分から人にくっつくのは抵抗がないけれど、相手からくっつかれるのはイヤだ」という性格です。

人が怖いと感じている猫は、時間をかけて慣らしていくことができます。

でも、相手から束縛されるのが嫌いだという猫は、性格なのであきらめましょう。

抱くこと以外にもスキンシップの方法はありので、それにこだわることもないと思います。

抱かれてもいやがらないときがある。

抱くことによって体重の変化や体の異変などに気づき、病気の早期発見や健康管理に役立つことがあります。

抱いてもいやがらないチャンスを作るのも1つの方法です。

たとえば、室内飼いの猫に外を見せます。

興味と多少の不安から、抱かれていることを忘れています。

小鳥が飛んでいたりすれば、なおさらです。

そうやっているうちに、なれていく場合もあります。

いろいろ試してみるのもいいかもしれません。


まとめ

1.なでられポイントを知る

2.なでられると、うれしいところと、イヤなところがある

3.今ならさわっていいネコのサイン

4.安心するなで方

5.ネコを抱っこしてみる

6.やさしい抱っこの仕方

7.抱かれるのを好まないネコもいる

8.抱っこだけがスキンシップではない

9.抱かれてもいやがらないときがある

抱っこやなで方

基本的に抱っこやなでてあげる場合は飼い主が力を抜いて、

リラックスした状態でしてあげるとネコも安心します。

抱っこする時やなでてる時は、猫をよく観察しながらおこない、反応をみください。

猫と過ごす時間を大切にするためにもたくさんスキンシップをとりましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする