猫は群れをつくらない動物

「ネコは群れをつくらない!」ことをご存知ですか?

ネコは気まぐれな動物というイメージがあり、確かに犬とくらべるとその行動はミステリアス。

今回は、ネコの習性にミステリアスのヒントがあるのでみてみたいと思います。


犬とネコの大きな違い

よく猫と犬は比較されますが、決定的に違うのは、犬はもともと群れで行動する動物であり、猫は単独性の動物であるということです。

・イヌ

イヌの祖先はおおかみで、その社会はまさに統制のとれた群れ社会で、群れに属するものは、必ずリーダーに従って行動します。

いまでも犬は実生活の中でも自然にリーダーを決める性質があります。飼い犬にとってのリーダーというのは飼い主であり、常に飼い主に忠誠を尽くします。

私が以前飼っていた犬も主人にものすごく忠誠を尽くしていました。

・ネコ

猫は犬にくらべて気まぐれとか、わがままだとか、マイペースすぎるなどという人がいますが、これはそもそも生まれ持った習性からくる、行動パターンの違いというわけです。

そのために飼い主の言うことを聞くなどと言う習性はなく、犬のように『オスワリ』『マテ』など、きっちりしたしつけも、難しいのです。

いくら呼んでも知らんぷりということも起こリます。ネコは自分を、飼い主の家来とは考えません。

ネコと飼い主は主従関係ではなく、対等な友達関係にあると考えたほうがよく、そこがまた魅力でもあります。

私が現在飼っている4匹の猫達全員、いくら呼んでも知らんぷりです。もちろん「オスワリ」「マテ」もできません。

猫は群れを作らない夜行性動物

猫は群れを作らずに1匹で暮らし、夜間に狩をして獲物を捕まえる肉食動物になります。

この習性は、ネコが人といっしょに暮らす中で、いろいろな形に変化します。それでも本能として、その習性はずっと残っています。

元々、夜行性であるネコは、昼間は寝ていて、夜になると元気になります。

明るい時間帯に、ネコが眠っている姿をよくみると思いますが、これは狩に使うために必要なエネルギーを使わずに体力を温存しているためなんです。

だから昼間のお昼寝の最中に、起こして遊ぼうと誘っても、うっすら目を開けるだけで面倒くさそうにふたたび眠りについてしまうんです。

室内飼いのネコは、比較的人間と同じサイクルにできますが、やはり夜中の11時ごろにいちばん活発になります。夜行性の本能があらわれるからです。

私の猫達は夜中12時くらいから突然、大運動会が始まります。階段を登ったり、降りたりを繰り返します。その足音が馬の足音に似ていてかわいいです。

廊下を思いっきり走っり、追いかっけこをしてます。楽しそうですが・・・

とにかく急に大運動会が、はじまります!


猫の性格は?

家猫は、のんびりしていてとても自然体でおおらかです。

とても自由にしているので、部屋の一室で寝ていたかと思えば、リビングでゴロンとしていたりします。

こんな感じで、行きたいと思うところに行き、過ごしやすいところで過ごします。

特徴的なのは

・猫は猫なりの共存していく能力がある。

・世界中で、ペットとして飼われているので環境の変化に対応できる。

・のんびり屋でとても自由にしているが、人や他の猫との社交性や合わせる能力がある。

・野生の環境での狩りをする名残りか、今でもその能力がある。

こんな感じですね。

観察していると、面白い発見があると思います。

クールに見えても、ホントは甘えん坊

ネコは飼い主を親のように思って甘えたがるという習性も備えています。人に甘えるときは甘えます。

ちょっと寂しいとひざの上にのってきたり、パソコンの前を繰り返し何度も歩いたり、甘えん坊ぶりを発揮します。

わがままと甘え上手の両方を兼ね備えたネコに夢中になる飼い主さんも多いのではないのでしょうか!

もともと群れで暮らす動物である犬が、いつも飼い主といっしょにいたがるのとは対照的なのが猫です。

猫は、逆に自立心に富んだ動物なんですね!


まとめ

1.犬と猫の大きな違い

2.猫は群れをつくらない夜行性動物

3.猫の性格は?

4.クールに見えてもホントは甘えん坊

いかがでしたか?猫の習性や性格までをみてきました。

猫が群れを作らないのは、生まれ持った習性なんですね。また獲物を狩るだけでなく、人間をも可愛らしさや魅力で知らず知らずのうちに狩られてしまっていたのですね。

猫は人に飼われていた長い歴史があるとはいえ、野生の環境で生きていた歴史もあるので、その名残はいまだにあるのは生きていく上で必要不可欠だということがわかり、私の猫たちの夜中の大運動会にも意味があることがわかりました。

自由にしている時や、わがままな感じは信頼されているとおもうと嬉しく思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする