猫を飼うと決めたらどこから迎えればいいのか

いま日本は空前の猫ブームってご存知でしたか?

ニュースなどでも取り上げられているのを最近よく見かけます。

犬よりも猫の方がダントツに人気がでてきているようです。

散歩の有無や住宅事情などの様々な理由があるようです。

そこで本日は、猫を飼うと決めたらどこから迎えればいいのか、

まとめてみましたので参考にしてみてください!


・里親募集を利用する

猫を育てられなくなったという理由で保健所に持ち込まれるなど、飼い主のいない不幸な猫はたくさんいます。

保護団体や動物病院に保護されることもあり、里親募集は非常に多いです。動物病院にも里親募集のチラシが貼れているのをよく見かけます。

病院のスタッフに聞いてみるのもいいかもしれません。里親になるためには条件があったり、必ずしも好きな猫が選べないこともあります。

けれども、不幸な猫の命を救える運命的な出会いですから、条件が合うなら、ぜひ検討してみてください。

譲渡会に行ってみる

保健所や猫の保護活動をしている団体による譲渡会がしばしば開催されています、地域別で開催されていることもあり、ウェブでの参加申し込みが多いです。

保護猫の実態もわかりますし、保護活動している方からの情報もとても参考になります。

知識が豊富な方ばかりですので、住んでいる近くの譲渡会でしたら、動物病院のことも詳しく教えてくれます。

譲渡に関することもわかるので、ここで引っかかる感じであれば、猫を飼うのは考え直したほうがよいともいえます。

譲渡会のほうも、なるべくいい環境のところで猫と暮らしてもらいたいと考えていて、動物実験や虐待目的などで猫を入手する人から猫を守るため、譲渡の条件は厳し目です。

しかし、このぐらいの条件が猫を飼う基準ともいえるでしょう。

基準に満たなければ、飼うのを見送るぐらいの気持ちはあってもいいと思います。

それはペットショップから飼うとしても同じであるといえます。

・自治体から

動物愛護センターから譲り受ける方法もあります。

ここでも条件があり、講習会に参加したのち譲渡というかたちです。

自治体により異なりますので、一度問い合わせて聞いてみましょう。


・友人から迎える

友人や知人の家で子猫が生まれ、譲り受ける場合もあります。もし子猫をもらうなら、その家庭でどのように飼っているのかをよく聞きましょう。

子猫は、できれば生後2ヶ月頃までは母猫と一緒に育ててもらい、3ヶ月目以降に迎えるのがオススメです。

早いうちに母猫から離されると、免疫が弱く病気にかかりやすくなったりします。

また母猫と兄弟猫と長く過ごすことで、猫社会のオキテを学習できます。子猫のためなら、ここは我慢ですね。

・ブリーダーから

純血種を飼いたい場合は、ブリーダーやペットショップで子猫を探します。

ブリーダーとは純血種や血統書の猫を専門に繁殖している団体や個人です。インターネットや猫の雑誌などで、希望の猫種を扱っているところを探しましょう。

お世話のポイントなど飼育アドバイスなど詳しく教えてくれます。

子猫を迎える前に、できるだけ直接出向くか電話で問い合わせするなどして、丁寧に対応してくれるブリーダーを選びましょう。

・ペットショップから

衝動買いは絶対に避けてください。。ショップの場合は子猫が清潔な環境で、大切に飼われているところを選んでください。はじめはそれまで食べていたエサやトイレ砂を使うのがオススメです。


まとめ

1. 里親募集を利用する

2. 自治体から

3. 友人から

4. ブリーダーから

5. ペットショップから

選択肢は様々ですが、安易な考えは、悲劇をもたらします。それなら、ねこを飼うことは諦めるべきです。

不幸なねこを出さないように、よく考えて行動してもらえればと思います。

また、飼うと決めたからには大切な命を最期まで預かる覚悟をし、家族の一員として一生幸せに暮らせるように責任を持って育てましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする